スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


違法!!尼崎市が老犬殺処分!違法犬200匹飼育、

Category : ■ 活動・報告
(読売新聞 - 12月10日 13:54)

 兵庫県尼崎市の繁殖業者が、法律で必要な許可を受けずにを飼育し、飼えなくなった老の殺処分を市に依頼していたことがわかった。

 違法状態と知りつつ、市はこの業者から年間約50匹の処分を引き受けていたが、動物保護団体の指摘を受け、引き取りを中止した。
市は業者が是正しない場合、狂病予防法違反容疑などで刑事告発も検討するという。

 市によると、業者は約10年前からビルでを飼育、販売しており、現在も約200匹を飼っている。
しかし、業者は10匹以上を飼う場合に必要な化製場法に基づく許可を受けず、狂病予防法に基づく犬の登録や、犬へのワクチンの接種もしていなかった。

 近隣住民から、鳴き声や悪臭の苦情が寄せられ、市では10年ほど前から業者を指導してきたが、違法行為は是正されず、約5年前からは繁殖できなくなった老犬を1匹1700円で引き取って殺処分してきた。
引き取った犬は2008年度は63匹、今年度は6月までに59匹にのぼる。

 今年になって動物保護団体の指摘を受け、市は業者に対し、今後は引き取りを行わないことを伝え、違法行為の是正を指導した。

 狂犬病予防法では、犬の登録や年1回の接種を怠ると20万円以下の罰金が科される。
化製場法違反にも懲役刑や罰金の規定がある。
 尼崎市生活衛生課の後藤修志課長は「指導力不足であったことは否めない。
今後、指導の強化、徹底を図りたい」としている。



・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
違法状態と知りつつ10年間処分ということで何百頭のこを物のように殺してきたのでしょうか?
指摘されなければ指導を怠ったまま続けていたはず、怠ったために死んだ犬達への責任は取らず強化徹底をはかりたいとは、呆れるばかりです。
違法なら徹底に頭数確認し規定にしたがい罰していただきたいと思います。

不幸な・犬を増やさないことを切に願い☆
=L’s=里親募集中at京都

  ご協力をお願い申し上げています。
物資サポート
スポンサーサイト


テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

プロフィール

モリカとゆかいな仲間たち

Author:モリカとゆかいな仲間たち
京都市内&京都府下で行き場の無い猫の家族探しをしています。
保護・まちねこ地域猫化(繁殖制限手術)サポートしています。

モリカさんとゆかいな仲間が力を合わせて頑張っていきます。
どうぞ、よろしくお願いします!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。